患者様からのメール

患者様からのメールについて

私は、以前に前歯の治療で、メタルボンドを入れました。

数年たつと歯とはぐきの境目が黒ずんできて、気になりだしました。

また、自分の歯をメタルボンドにしたからかもしれませんが、 他人の前歯のメタルボンドを入れてるとかも、分かるというか目につくようになってきました。 私自身が、他人の歯をそういう目線で見ているということは、他のひとも私の前歯をなんか違うな?変だな?と見ているのかと思うと、コンプレックス解消のためにメタルボンドで治療したのに、また、前歯をコンプレックスに感じてしまいます。
どうしたら、よいのでしょうか?
教えてください。

なぜ、歯とはぐきの境目が黒ずんできているのか?という点についてお答えします。
(歯科業界ではブラックマージンと呼んでおります。)

メタルボンドメタルボンドは、長く丈夫であるため、かぶせ物の内側を金属で補強したものになります。
色調や透明感は多少劣りますが、非常に丈夫で長持ちであり、かなり多くの治療で使用されてきました。
しかし、近年、このかぶせ物の内側を金属で補強していた、金属に変わり、ジルコニアというロケットの外壁に使われている材料で、非常に強く頑丈な素材が現在注目を集め、従来のメタルボンドメタルボンドによる治療にかわり、よく目に付く前歯の部分では、より審美性の高いジルコニアを使用した、かぶせ物を使用して行う治療が増えてまいりました。
しかし、現在このジルコニアを導入している歯科医院様は、あまり多くないのが現状です。

ジルコニア

なぜ、メタルボンドで修復した前歯が天然歯と若干違って見えるのか? という点についてお答えします。

メタルボンドの前歯は天然の歯に比べるとなんか見た感じ違うとお感じのようですが、実際になぜ違って見えるのかと申しますと、いろいろな要素がありますが、一番は光の透過性があげられます。実は天然歯をよく観察すると、透明感のある色をしているのです。その透明感があるかないかで、微妙になんかちがうなという感じを受けているのではないでしょうか?

これまでのかぶせ物を比較

かぶせ物種類

ジルコニア

オールセラミック

メタルボンド

見た目の美しさ
丈夫さ
金属アレルギー
長くキレイに保てるか

現在注目を浴びているジルコニアセラミックの特徴

・光の透過性が天然歯と近いため、どんな場所でも自然に見える
・金属のフレームを使わないため、はぐきとの境目に黒ずみ(ブラックライン)が出ない
・天然歯に合わせた色調に再現できる
・年月が経っても変色しない ので永続的にキレイに保てる

もし患者様がどうしても前歯のメタルボンドが気になるのであれば、ジルコニアセラミックの材料を扱っている歯科医院での再治療をオススメしたいと思います。
ただ、このジルコニアセラミックを扱う歯科医院はそれほど多くないのが現状です。

患者様の必要とご要望に添って材料や治療法などを選べるようになりました。
また、ほてつ物を製作する我々歯科技工士もご自身で選んで頂ける時代になってきました。

当社では創業以来、先生方と共に患者様の「素敵な笑顔と健康を守る」お手伝いが出来ればと日々技術の向上を目指し、一つの仕事に担当制で取り組み心のこもったプロフェッショナルな仕事を実現しております。

患者様にご満足いただけるよう一生懸命取り組ませていただきますので、治療の際は歯科ほてつ物の製作を是非当社へご依頼ください。

ページの先頭へ

  • 料金表はこちら:デモンストレーション用模型作製もご用意しております
  • お問い合わせ・ご注文・受付中:お気軽にご連絡ください