ジルコニア

ジルコニアとは…

ジルコニア(酸化ジルコニウム)とは、軽量かつ強度の高い新素材セラミックです。
耐久性もあることから、スペースシャトルの外壁や人工関節にも使用されています。
ジルコニアは人工ダイアモンドとして有名ですが、歯科業界では究極の審美性素材として今、注目を浴びています。
従来の補綴治療の中心的な素材はレジン樹脂、金属、セラミックが主流でした。しかし、レジン樹脂は変色しますし、金属は審美面と金属アレルギーの問題、セラミックは強度面で限界があります。これらの素材のそれぞれの欠点を補完する素材としてジルコニアが登場しました。
このジルコニアを使用することによって、従来強度面からセラミックを使用できなかった臼歯部やブリッジの補綴物にも、審美性と健康面を配慮した補綴物を提供できるようになっています。

取り扱いジルコニア

ピュアジルコニア

100%イットリア系ジルコニアです。コーピング、フレーム部分をCAD/CAMで作成し、ポーセレンを築盛、もしくはオーバープレスで製作します。
当社では、CAD/CAMの種類、ポーセレンメーカー、技法をお選びいただけます。

取り扱いCAD/CAMシステム
  • KATANA
  • LAVA
  • ZENO
  • PROCERA
取り扱いポーセレンメーカー
  • Noritake
  • VITA
適用 単冠 / 2~3歯欠損のブリッジ

当社の製作物

ジルコニアフレームによる多数歯欠損ブリッジ

ページの先頭へ

  • 料金表はこちら:デモンストレーション用模型作製もご用意しております
  • お問い合わせ・ご注文・受付中:お気軽にご連絡ください